在宅ワークのメリット・デメリットは要チェック

在宅ワーク成功法

在宅ワークとは、自宅を拠点 として仕事をすることです。
在宅ワークには、次のような種類があります。

そして在宅ワークには、メリットデメリットも存在します。
実際に在宅ワークを始める前に、メリットデメリットを知っておくことが、
継続して収入を得るためには必要だと思います。

在宅ワークのメリット

画像の説明
  • 通勤0分
    「在宅」ですから、通勤せず家にいながらできます。
    移動時間がかかりませんし、スッピンパジャマでも
    いいので身支度も不要ですね。
  • 好きな時間にできる
    勤務時間が決まっているわけではないので、早朝・
    日中・深夜、いつ作業してもOKです。
    だから家事や子育てや介護と両立しやすいんですよね。
  • 自分のペースでできる
    上司がいるわけでも、誰かに監視されるわけでもないので
    自分のペースで自由に作業できます。


在宅ワークのデメリット

画像の説明
  • 一人での作業が孤独
    自宅で一人で作業するのが基本ですから、
    誰かと励まし合うということもなく、孤独を
    感じる人も多いようです。
  • 自己管理が必要
    好きな時間・ペースでできる反面、さぼっても
    誰も注意してくれません。
    自分に厳しくする必要があります。

  • 休んでも代わりはいない
    仕事を誰かに頼んで有給、、というわけにはいかず、休んだら仕事はストップします。
    休んだらその分あとでがんばる、納期のために体調が悪くても休めない、という状況が
    あり得ます。

私のしているビジネスの場合、在宅ワークのデメリットを解消できているんです。

[check]孤独じゃない
もちろん、一人でもくもくと作業する時間もありますが、相談したり成果報告したり、
グループで交流しながらビジネスしていますので孤独ではありません^^

[check]仲間の励ましがある
確かに自己管理は必要ですが、励ましてくれるアップや仲間の存在があります。
モチベーションの維持には大きな存在です。

[check]フォロー体制の充実
休んだ時にも一部作業は助けてもらえる体制が整っているので安心です。
体調不良や家族の都合などでメール返信ができないとき、代わりに
返信してくれたり、質問などへの対応はメーリングリストで仲間同士助けあったりしています。


メリットとデメリットをきちんと理解し、自分に合った在宅ワークを選ぶのが
在宅ワークで家計を支える第一歩ではないかと思います。


ドーナツ



私がご紹介しているビジネスは、在宅ワークとネットワークビジネス双方の
長所とメリットを組み合わせたもの
です。

ネットワークビジネス?は、最初にがんばって土台を作ってしまえば、
旅行や家庭の事情などで少々休んでいる間でも収入が得られるという、
権利収入?ビジネスですので、即金になる労働収入タイプの在宅ワーク、
内職やデータ入力等とはちょっと違います。

(これらは疲れて作業量が少なくなれば収入が減ったり、辞めたらもちろん
ストップしますよね。)

時々、しつこく勧誘されたりした経験から、ネットワークビジネスに悪い
イメージを持っていたり、よく知らないために偏見をもって「ねずみ講?でしょ」
などと言われる方もいますが、実は、やり方さえ間違わなければ庶民にとって
本当にありがたく貴重な権利収入源になりうるビジネスなのです。


★パート代を家で稼ぐ!完全在宅ネットワークビジネスの詳細
資料請求


※このサイトの文責は個人にあります。記事に関してのお問い合わせはこちら