3.11を忘れない。東日本大震災から5年

今日は3月11日。2011年3月11日に起きた東日本大震災から丸5年です。
5年経った今も復興は途中で、辛い思いや不自由な思いをしている
被災者の方々がたくさんいます。
テレビで被災地の今、被災者の今をたくさん放送していましたが、
どれを見ても胸が詰まりました。

311東日本大震災5年

その中で、自衛官として懸命の救助活動をしながらも、ご自身の
奥さんと娘さんを亡くされた方がいらっしゃいました。
家族の安否確認より任務を優先し、部下の前で気丈に振る舞って
いたそうです。

震災後、一人ぼっちとなってお酒の量が増えたりきちんと食事を摂らなかったり
生活が荒れていた中で、阪神大震災の被災地である神戸のひまわりの
種をもらう機会があり、自宅跡地に咲かせることで少し明るい気持ちを
取り戻すことができたとのことでした。

現在、仮設住宅で「かたりべ」として震災について講演するボランティアも
行っているそうです。
辛い・悲しいという言葉だけでは表せないような思いをしながらも、
前を向いて生きている方の姿に胸打たれ、頭の下がる思いがしました。


3.11の東日本大震災から5年経ち、震災直後と比べ風化しつつあっても
私たちはあの日を、そして今なお復興の途上であることを忘れては
ならないと思います。

3.11のYahoo検索をしたり、復興支援の募金に協力したり、直接震災復興に
関わるようなことで私がしているのは小さなことですが、これからも
続けていきたいです。

そして、一日も早く復興が進み、被災地の方々が平穏に暮らせる日が
来ることを願っています。


在宅ワーク成功法