水泳嫌いの息子、小4からスイミング開始

息子はわりと運動が得意な方で足も遅くないのですが、水泳嫌いです。
幼稚園の頃、顔付けができないのを克服するために短期水泳教室に通ったほど。
ママ友には意外だと言われますが、どうにもダメなようです。
そんな息子が、このたび小学4年生からスイミングに通うことになりました。


息子スイミング

息子が通う小学校は、6年生で水泳大会に全員参加しなくてはいけません。
水泳が苦手な子は本当にかわいそうで、辛い思いをするんだそうです。
息子の水泳嫌い、そして苦手っぷりも相当なので、このままでは6年生で
泣きを見るのは目に見えているので、説得の末にまずはお試しで短期コースに
行ってみて、ようやくスイミング開始を受け入れた息子。
説得にけっこう時間がかかりまして、やれやれとホッとしました。


短期コースでの特訓の様子を娘と一緒に見学しましたが、コーチも優しそうだし
息子もがんばっています。
マンツーマンで手取り足取りフォームを教わって、いざやってみると
必ずと言っていいほどコーチがズッコケているのがやや気になりますが(^_^;)
そのくらい息子は全然泳げていないわけで、やっぱりスイミングに今からでも
通わせることにしてよかったと思います。


それにしても、息子を説得するのはなかなか大変でした。
まず水泳自体が嫌いなので、やりたくないわけです。
プラス、友達が先に通っているところに自分が後から入って差を
感じるのが負けず嫌いな息子にはどうしても耐え難かったのでした。

苦手なまま逃げていたら6年生でどんなに苦労するかを、手を変え
品を変えこんこんと語ったり、水泳で逆三角形の体になったらメチャ
かっこいいと母も交えて盛り上げたりして息子をその気にさせました。
そして、仲のいい子たちとは別のスイミングにすることで決着です。


ここからは、いかにちゃんと通わせるか、続けさせるかになってきます。
特に最初のうちは送迎だけじゃなくてちゃんと様子を見てやって
頑張ってる様子を褒めてやらなきゃかなと思っているところです。

いつも息子には注意したりダメ出ししたりばかりになっていますが、
たまには褒めてやるのも大事ですよね(・∀・;)


在宅ワーク成功法