パタニティブルー、父親版マタニティブルーが増加中

パタニティブルーという、父親版マタニティブルーが最近増えているとのことで、次々いろいろ出てくるものだなぁとちょっと驚きましたがマタハラだけじゃなくパタハラもあるこのご時世、不思議はないのかもしれません。
我が家の場合はマタニティブルーもパタニティブルーもなかったと思うのですが、この数年でイクメンブームが来ていますからね。

パタニティブルー父親


パタニティブルー、父親にこんな症状

パタニティブルーとは、父親である男性がかかる産前・産後うつのことです。子供への虐待、育児放棄、夫婦関係の破綻へつながったケースも多く報告されており、軽視はできません。
イクメンブームで父親に求められる役割が大きくなったことで、このところ増えているパタニティブルー。具体的には、次のような症状があてはまります。

パタニティブルーの症状

  • 睡眠障害(眠れない・寝つきが悪い)
  • 頭痛
  • 胃痛
  • 肩凝り
  • 口の渇き
  • 食欲不振
  • 疲労感
  • 興味の喪失
  • 理由のない不安感
  • 追い詰められているように感じる
  • 感情の起伏が激しくなる

身体症状も精神的な症状もありますが、他には特に原因がないのに起きるということが共通しています。マタニティブルーもパタニティブルーも、母親か父親かが違うだけで症状はほとんど同じです。


パタニティブルーの原因は父親だけの問題じゃない

なぜパタニティブルーが起きてしまうのか、原因はいくつかあります。妊娠や出産を実際にする女性の場合は大きく影響するのがホルモンバランスと言われますが、父親の場合は、次のようなことが原因となっているようです。

パタニティブルーの原因

  • 生活のリズムの変化
     子供が生まれたら、子供中心の生活にガラリと変わります。
     妊娠中から体に変化がある母親に比べ、父親の方が戸惑うものでしょう。
  • 夫婦の時間の減少
     赤ちゃんの世話はとても大変で、かかりきりになりがち。
     当然、夫婦2人の時間は子供が生まれる前より減ります。
     コミュニケーション不足で寂しさや不満を募らせてしまうことになるのです。
  • 慣れない育児での自信喪失
     特に初めての育児となれば、抱っこもオムツもミルクもうまくできないかも。
     自信を失くたり、奥さんに責められて追い撃ちだったり、、ありがちです。
  • 子供を育てることの責任感によるプレッシャー
     子供を育てるためには、金銭的にも肉体的にも精神的にも負担は大きいです。
     責任感が強すぎる人に大きなプレッシャーとなりすぎてしまうようです。
  • 仕事と育児の両立による負担
     仕事が忙しくても帰宅したら育児をがんばるのは疲れます。
     思うように時間が取れず悩む人もいるでしょう。
     職場でのパタハラや育児休暇の取りづらさはなおさら負担を大きくします。

仕事も育児も完璧にこなす父親になろうとすれば、相当なエネルギーがいりますよね。
だから、真面目で完璧主義なパパさんほどパタニティブルーになりやすいようです。

母親である奥さんや、職場の上司・同僚・部下の対応も大きく影響すると言えるでしょう。


パタニティブルーから父親を救う方法

パタニティブルー父親


父親の育児参加は必要だと思いますが、あまり多くを求めるのは酷かなぁと私は思います。

特に生まれたての赤ちゃんって男の人の抱っこでは寝ないとか、ほわほわ柔らかくて力が強い男性には扱いにくいとか、どうしても男性じゃ無理っていう場面もあると実際に子育てしてきて感じました。

我が家の場合、息子が1歳前くらいまで男の人が苦手で泣いていたんです。だから、里帰り中は実家に夫がやってきて抱っこするたび泣いて大変だったし、自宅でもお風呂は私とじゃないとギャン泣きで毎回私が入れていました。もちろん実家の母や妹が大いに手伝ってくれたおかげも大きいけれど、しかたない、それでいいと思っていたんですよね。

夫には1歳を過ぎてから一緒に遊んだりどこかに連れて行ったりという形で大いに協力してもらいました。けっこうイクメンなタイプだと思います。

パタニティブルーになってしまっては父親も子供も、そして母親も辛い思いをすることになるのではないでしょうか。
私は、父親にあまり多くを求めすぎず、できることをしてもらうことがパタニティブルー予防になるのではないかと感じています。


ゆったり自宅で働ける!とっておきのパソコン在宅ワーク♪